https://perdido.dtiblog.com/?xml"> ハダカの自分 オトコの裸、オトコの下着、セルフフォト 本当の自分、           深〜いマニアックな趣味の話も。
無料
エロ
動画

涙滴形コックリング

ティアドロップ型のコックリングを持ってるんだけど・・・

このことは前にも書いたと思うし、時々これを着けてる写真も見せてるよね。

でも、新しい写真を撮ったんで公開しちゃう。
嫌でも見せちゃう!・・なんてね。

まぁ見てよ。

どうかな?
ティアドロップ・コックリング
え? 単なるチンポ写真じゃないかって?

よく見てよ。コックリングが銀色に光ってて磨かれてるんで、お肉の色が反射して、ちょっと見えにくいだけさ。

ほらね。
ティアドロップ・コックリング

この角度なら、よくわかるでしょ。
ティアドロップ・コックリング

これはどうよ・・。
ティアドロップ・コックリング

ティアドロップ型って、日本語では「涙滴型」て言うんだね。余計な話だけど。

それで、このリングを着けたらどんなんかって?

そうだね。普通のリングと同様、硬度と持続時間が少し増すね。
それでこの形で、「蟻の戸渡り」を刺激するもんで、ただのリングよりは、何だか「効く」ような気もする。
でも、S嬢には「リングをつけたままSEXするって変!」て言われてるけど。
自分的には、着けて してもいいんじゃないかと思うけど、皆さんはどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2012/08/13 21:51】 コックリング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

コックリングの装着方法(動画)

このサイトの検索ワードで、「コックリング」が圧倒的に多い。
「装着法」ってのも多いよ。
案外、どうやって着けるかってのは説明が無いんだよね。

と言うわけで(どういうわけ?)、動画を撮ってアップしてみたヨ。

基本的に二つやり方があるんだ。
いや、もっとあるかも知らんけど、自分は知らんよ。

先ず最初は、初心者向け。
ペニスを最初にリングに通し、次にタマをひとつずつ入れてゆく。




これはね、なぜ初心者向けかと言うと・・・・。
そもそも、最初にペニスを入れるから、ちょっと位ペニスが硬くなってきていても(つまり半勃起ね)、入れられる。ただし最終段階では、ペニスとタマ一つが既に入っているところへもう一つのタマを入れるわけだけど、タマは潰すと痛いからね、ご存知の通り。
だから、少し緩めのリングに向いている。
逆に、初心者はリングをはめようとしてペニスをいじってる間に、どうしても時間がかかるもんだからペニスが大きくなってきてしまうんだよ。
それに初心者は、そもそも緩めのリングから始めないと、うまく入れられない。

そんなこんなで、最初の方法は、一寸初心者向きという訳さ。

もう一つのやり方は、ペニスを一番最後に通す。まずタマ二つを通してしまうから、タマを潰すことが無い。最初の方法よりも、サイズの小さなリングでもうまく着けられるよ。
ただし、ペニスを曲げて入れるから、ペニスが柔らかくなければならん。つまり、一寸でもかたくなって来てたら、ぜんぜん入れられない。




この動画を撮るときも、ちょっと硬くなりかけてたもので、結構手間取ってしまったよ。まぁ、慣れればどちらでも同じくらいのサイズのリングが着けられると思うけど。
初めての人は、この動画を参考にして、励んでくれい!
どちらのやり方でも、二つ目のタマをリングの通すときは、先に袋の余ってる分をリングに通しておき、タマを少し潰すように(ほんとに潰したら気絶するからね。念のため)グイッと押し込むんだ。このコツが分かれば意外と簡単だよ。

ちなみに、この動画ではめたのは、内径50mmのリングで、東急ハンズの素材売り場で買ったやつ。初心者はこれくらいで始めるのがいいと思うよ。
このサイズでサンプル動画を作ったのは、もっときついリングだと着けるのに時間がかかるから。動画のサイズがおっきくなっちゃうのでね。

それと、リングを着けた後でペニスをしごいて勃起させると、結構きつくなるよ。だから、初心者は無理しないこと。

そうそう、外し方。外せなくなったら大変だもんね。
外すときは、リングを少し引っ張るようにしてペニスの根元とリングの間に隙間を作り、そこからどっちかのタマを一つ抜くんだ。このときも、すこし潰すようにするんだが、意外と入れるときより抜くときのほうが簡単かも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2011/04/19 04:15】 コックリング | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) top>>

きついリングでテンガしてみる

きついサイズは、どれくらいのリングまでできるのかやってみた。
用意したのは、40mm、35mm、30mmの3本。

実は、いままで装着できたのは、根元(ペニスとタマタマ)が45mm、タマタマが40mm。サオは根元は35mmで、30mmは先端(雁首。ここに着けるのをクラウンリングって言うのかな)にはできたが、根元の30mmはちょっときつかった。

まず、ペニスとタマタマの根元。
・・・できちゃったよ。40mm。
いままで、先ずサオを通してタマを後から入れてたんだが、タマを先にしてやってみたら、うまくいった。二つのタマを入れてから最後にサオを通すんだが、少しでもサオが太くなってるとうまくいかない。今回は勃起コントロールがうまくいったみたい。
これに味を占めて、タマタマもサオも全部やってみた。
3つのリングが接続されてないから、三連リングってわけじゃないが、そんな感じになったよ。

ついでだから(何がついでなんだか?)、手近にあるテンガ・エッグ(ステッパー)でオナってみよう。
きついコックリング

エッグを準備してる間に、ぐんぐん勃起しちゃった。
想像するからね。人間は。
フル勃起すると結構きついよ、リングが。
きついコックリング
タマタマの張り方なんて、すごいね。自分ながら・・・。

きついコックリング
この血管。実はサオ根元の30mmリングの食い込みがきつくて、痛いぐらい。

きついコックリング
本気で良くなってきたよ〜。でも締め付けてるからかな、いつもより保つね。
実は、テンガ・エッグのステッパーって、自分は早漏じゃないかって思うぐらいいつもはすぐに逝っちゃうんだ。あのギザが良いみたいで、それこそ3コスリ半だよ。でも今日は、結構時間がかかってるぜ。
しかし、小指がいやらしいね。自分なんだけど。

きついコックリング
あへー。逝った逝った。
写真じゃ分からんね。エッグの中に大放出だ。

良かったね。でも、この組み合わせはかなりきつかった。このサイズの三連リングなんて、自分の場合とても装着できそうにないね。特に30mmだな。問題は。
大元の40mmだって、よほどうまい具合に装着しないとはめられないことが良く分かったよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2011/02/28 23:55】 コックリング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

三連コックリング

○橋のショップで三連コックリング買っちゃった。
これ、うまく着けられるか自信なかったんだよね。でもこのブログをやるようになってから、他の人の写真を見てるとやってみる意欲が高まったので。

早速、装着! もちろん、まだパイパンは続けてるぜい!
三連コックリング

どうだい、この雄姿!
チタンブラックってやつだが、身体に映えてるかな。
うん、意外と簡単に装着できたよ。
三連コックリング 三連コックリング

ところがちょっと問題が・・・。
三連コックリング

上の写真を良く見ると分かるが、少しゆるいのさ。
三連コックリング

改めて寸法を測ってみると、大きいほうから50mm、45mm、40mmの三連になっていた。
あ、写真で分かるので説明する必要も無いとは思うが、一番大きいのが一番根元に来るリングでサオと玉が通る。真ん中のサイズのを下に持ってきて、タマタマ(複数形ね)を通す。一番小さいのはサオだけが通るわけ。
自分の場合、単独のリングだとそれぞれ45mm/40mm/35mmで十分なのでね。


三連コックリング


(←下からのショット)




だから締め付けが弱いと言うか、ほとんど無いので、タマタマもあんまり膨張しないよね。サオも最大勃起してるとそこそこの緩みなのだが、ちょっと気を抜くと締め付けゼロよ。
ショップにはMサイズとSサイズがあったのだが、そこで見てるとどう考えてもSサイズは小さすぎると思ったんだ。
教訓:自分のモノは思ってるほど大きくないってことさ。

でも、装着の練習にはなったね。最初から締め付けがきついのを買っちゃったら、着けられなかったかも知れん。タマタマをうまく通すのにちょっとコツがいるんだわ。
みんなもやってミソ。

ps:次はSサイズだね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2011/02/23 15:03】 コックリング | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) top>>

コックリング その3(ティアドロップ型コックリング)

前にコックリングのことを書いたとき、ティアドロップ型のコックリングについても書いたのだが、今回はそれについて詳しく。
アクセス解析を見てみると、「コックリングが」検索ワードに結構多いので、サービスしちゃう。

ティアドロップ型のコックリングって言うのは、これ。
ティアドロップ型コックリング

これを実際につけると、こうなるんだ。
ティアドロップ型コックリング

前から見ると、リングの大きさが目立たないかも。
玉の大きさは目立つ(?)が・・・。
ティアドロップ型コックリング

下から見ると、こうなってる。
ティアドロップの長い部分が、会陰部(難しい言葉だね。辞書を引いてみな)に達している。肛門のすぐ前までね。
ティアドロップ型コックリング
勃起すると、リングが会陰部に押し付けられる。それで興奮度も上がるし、より硬くなる、という具合。
これを装着して、女と(もちろんオトコでもいいんだが)ハメるとね、動きでリングが会陰部を押す。それで、もっと硬くなるし持続力も上がるって具合。
まぁ、あくまでも謳い文句だけど。

材質は、金属かシリコン。自分のは金属で、たぶんアルミ鋳物。
つけた最初は、はっきり言って冷たい。でも、すぐに温まる。
やっぱり比熱の小さなアルミだからね。温まると、金属の違和感はなくなるよ。聞いた話では、シリコンよりも金属のほうが放熱しやすいから、長時間つけたときは金属のほうが違和感が無いということだ。本当かどうかは知らん。

色は、商品としてはいろいろあるみたい。
自分のは、もっともシンプルな素材色だが、メッキで金色のもある。おなじ銀色でもツヤ消しのもある。シリコンだと、白と黒はあるようだし他の色もあるんじゃないかな。
ティアドロップ型コックリング
自分のやつみたいな金属のツヤ有りだと、すごく目に付くのかなと思っていたが、少し下の横から見ない限りは、この写真みたいに案外目立たないよね。金属に身体の色が反射するからだと思う。
自分の場合は、店にこれしかなかったので選択の余地無し。通販だと選べるかもね。

金属でもシリコンでも、装着のしやすさみたいな点では変わらないと思うよ。問題はサイズ。つまり穴の内径だけ。自分のは45mmだった。
違うのはね、値段よ。シリコンのほうが安い。

効くかって話については、この写真を。
ティアドロップ型コックリング
確かに持続力も増強してるみたい。まぁ、コックリング全般に言えることなんだけどね。会陰部への圧力については、まったくの嘘でも無いような・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2011/01/21 23:25】 コックリング | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) top>>
close